【東京オリンピック】東京の病院にお勤めの看護師はじめ医療従事者の皆さんへ

我々看護師や医療従事者は矛盾を顔に出さず、仕事をするのです。

それはこの仕事の宿命かもしれない。

顔には出さない。
口にも出さない。
態度にも出さない。

そう、出してはいけない。

押し殺せ。
笑顔で対応しろ。
白衣の天使を演じろ。

目次

「救急部の看護師が足りない」

ヘルプ看護師としてお手伝いに行った10年以上前の思い出。

もうすぐ、救急車が1台来る。

90代、男性。心肺停止。

あぁ・・・・またか。

ヘルプに来ている間だけで何人目だろう。
深く考えさせないようにとばかりに、救急車のサイレンが近づく。

患者さんがストレッチャーで搬入される。

パジャマ姿のおじいちゃん。

救急隊員の心臓マッサージも「それなりの」力具合に見えるのは気のせいか。

一通りのレベル確認やバイタル確認ののち、引き継ぎ心臓マッサージをする。
ポキポキと胸骨が折れる、いや、折れている手応えがする。

「あちらで待機してください」と別室に家族を促しているのが視野に入る。

「挿管しようか」

医師の号令にて準備していたグッズを渡す。

生き返るのか?
生き返ってどうなる?
看取ってあげるべきだろ?

そんな思いを殺せない。

挿管し人工呼吸器に繋げる。
心臓マッサージは継続。

名前を呼んでみる。

もう声は届いていない、誰に習ったわけでもないのに肌感覚でわかる。

どのくらいの時間が経った?
おそらくそんなに時間は経過していないはずだ。

医師が家族の元へ行き、手を尽くしたが天命でしょう、と説明した。

心臓マッサージをやめるように指示され、皆で心電図波形を見つめる。

少し波形が動いてる。

人工呼吸器の器械刺激で生まれる波形が、まるで生きていると錯覚させる。

死亡確認。

手際良く、エンゼルケアをして霊安室へ。

「役に立たなかった」医療材料を医療廃棄物へ放り込む。

ポーポー

「やる意味あったんですかね?」

医師に問う。

「さぁな・・・・救急車で来たんや。やることをやるだけや。」

電子カルテから目を離さず答えた。

東京オリンピックと新型コロナウイルス感染

これを書いてる今日は東京オリンピック開会式当日。

前日の新型コロナウイルス感染、東京では約2000人確認。

その多くの患者はワクチン接種を望んでも巡り会えない年齢層だ。

私の病院でも、今入院している患者さんは30〜40代が目立つ。

ワクチン前は高齢者の入院が圧倒的だったのに、今はどうだ。
本気でワクチンの効果はないと言うのだろうか?

まぁ、いいや。

そんなことより、東京の病院にお勤めの看護師はじめ医療従事者の皆さん。
心から応援しています。
決して自分を追い詰めないでください。

我々看護師や医療従事者は矛盾を顔に出さず、仕事をするのです。

それはこの仕事の宿命かもしれない。
顔には出さない。
口にも出さない。
態度にも出さない。
そう、出してはいけない。
押し殺せ。
笑顔で対応しろ。
白衣の天使を演じろ。

本当の五輪の闘いは、病院にあることを忘れない。

よかったらシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる